TOHOブログ

東宝ホーム 筑豊TOHOブログ
『地鎮祭とは・・・』
こんにちは! 東宝ホームの平岡です。

早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。



来年もより良いサービスの向上を図る所存ですので、より一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。



時節柄、ご多忙のことと存じますがご自愛くださいませ。



ブログ読者様へ来年も変わらぬご愛顧をお願い申しあげるとともに、歳末のご挨拶とさせて頂きます。



話は変わりますが12月~1月で着工を迎えるお客様が増えてまいりましたので改めて工事前のお祭り

(地鎮祭)

のご紹介をしたいと思います。

工事前に私共営業は『地鎮祭はいかがいたしましょうか?』と、お客様へ問いかけます。



地鎮祭とは・・・

建物を建てる際に、土地の神様に工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います。

「じちんさい」と読むほか「とこしづめのまつり」と読むこともあります。



何をどうしたら、どこに何を頼んでいいのかわからないお客様へ、神主様(禰宜様)のご紹介もさせていただいております。

地鎮祭は慣例的には吉日を選んで行なわれることが多く、土・日曜日の【大安・友引・先勝】等

人気の日取りは前もって予約する必要があります。東宝ホーム筑豊エリアはお供物の準備はいりません。

ただ、神主様へのお礼『初穂料(玉串料)』や『お車代』は、お客様でご用意いただいておりますがなかなか難しい判断となりますので、【相場】をお伝えさせていただいております。

●初穂料(玉串料)とは、神主様に対して、祈祷や祭事の際に納める礼金のこと。初穂料はその名の通り”初めてのことである”という意味合いがあります。

●のし袋には「御初穂料」と書いてお渡しください。のし袋は、お祝い用で、水引が紅白で蝶結びのものを選ぶといいでしょう。



地鎮祭は、建売住宅や中古住宅を購入する(購入した)場合は、経験することがほとんどありません。

注文住宅ならではの儀式となりますので、せっかくなので執り行うようお話させていただいております。



家と工事の安全を一緒に祈願しましょう。



東宝ホーム 飯塚営業所 平岡徹也 090-1972-9952
2021.12.06 | 固定リンク